テレクラ、ツーショットダイヤルからライブチャットについて

新着情報

おすすめ情報

souzou

電話

遠くはなれた場所との連絡手段の1つに電話がある。この電話を用いたサービスの1つにテレフォンクラブ、通称テレクラが存在する。このテレクラとは、店舗を持つ電話での女性との会…

続きを読む

コミュニケーション

twoshot

コミュニケーションを取る手段は多様化しており、現在ではインターネットを利用して、遠くはなれた人の顔を見ながらコミュニケーションを取るという事が可能となっている。

そのコミュニケーション手段がライブチャットである。このライブチャットは、文字でのコミュニケーションが主体となるチャットの派生系であり、通常に文字によるコミュニケーションに加えて、映像や音声を用いてコミュニケーションを取る事が可能となっているのである。

こうしたライブチャットを行う為には、映像や音声と言った文字とはケタ違いのデータ通信を頻繁に行う必要がある。そのため、高速なデータ通信が可能となった事によって、このライブチャットというのが一般的に利用されるようになったのである。

サービス化

文字や映像、音声を利用するライブチャットを利用したサービスというのも登場している。このサービスは、テレクラツーショットダイヤルと言ったサービスと似ている。

サービスを提供しているサイトへと男女が登録を行う事で、サイトを通して男女間でのライブチャットを用いたコミュニケーションを行うのである。こうしたサービスで働いている女性はチャットレディと呼ばれ、男性との会話時間等によって、収入を得ているのである。

必要機材

daial

文字に加え映像や音声を用いるチャットを利用する場合に必要となる物は多くない。

まず、基本となるのはパソコン及びインターネット環境である。チャットを利用する為にはパソコンとインターネット回線は必要不可欠であし、この2つさえ揃っていればチャットサービスを楽しむという事は可能となる。

ライブチャットでは、コミュニケーションを取る双方が音声や映像を利用する必要はなく、一方が音声で話をし、もう一方が映像と共に文字でコミュニケーションを取るという様な場合もあるし、片方が音声と映像を駆使し、もう片方が文字のみと言う場合もある。

そのため、映像や音声を送る為のウェブカメラであったり、マイクと言うのは必ずしも必要になるというわけではない。しかし、最大限にこうしたチャットを楽しむと言う場合には、ウェブカメラやマイクと言うのは必要になるのである。